• 日本姿勢インストラクター協会

股関節の重要性


股関節は下半身と上半身をつなぐ体の中心で要となる関節です。

股関節が歪んだり、すり減ると、体のバランスがとりづらくなってしまいます。

また、股関節疾患だけでなく、足首関節やひざ関節の疾患の原因の多くも股関節の歪みによって大腿骨や脛骨・腓骨(すねの骨)がねじれることで起こります。ですので股関節の歪みと硬さをとり、柔軟に動けるよう鍛えることがとても重要なのです。

40~50代の女性に多い関節のトラブルといえば、なんといっても股関節に生じる痛みですが痛みのみにとどまらず、入院や手術といった外科的処置も必要なケースも多く見受けられます。

なぜ股関節に問題が生じるのか・・・

そもそも人間の股関節は四足歩行の動物に比べ体が直立した分だけ前方が広く空いた構造になっています。そのため、前方の安定性を筋肉や靭帯に頼りがちになります。 年齢を重ね筋肉や靭帯が弱くなったり硬くなったりすることで安定性が落ち股関節疾患や歪みの原因となります

また女性の骨盤は男性に比べて横に広い作りになっており、股関節の位置が外寄りになっていることで正しく立てていないと股関節に負担がかかりやすい構造であるということが挙げられます

若いときには骨や筋肉が股関節をサポートしてくれているので、あまり影響は出ませんが、中高年になって太ったり、骨密度が低下したり、筋肉量が減少するにつれ、股関節への負担が大きくなります。

その結果、日常のちょっとした動きで痛みを生じるようになります。 変形性股関節症の初期には、坐骨神経痛や腰痛、ひざ痛などがよくみられ、放置していると股関節の周囲の筋肉などが硬くなり、動かせる範囲が狭くなります。

痛みがないからといって油断は禁物です!

股関節をケアするには

周辺の筋肉を緩め

   ↓

 安定性を高め

   ↓

  鍛える

ことが大切ということです。

当協会の姿勢矯正ピラティスのプログラムは通常のピラティスに比べて股関節のケアが多く組み込まれているのが特徴です。これからの更なる高齢化に向け「自分で歩く」を芯からサポートすることができるインストラクターがとても必要とされています。

#股関節の痛み #姿勢矯正 #骨盤矯正 #変形性股関節症 #姿勢資格

0回の閲覧

一般社団法人

日本姿勢インストラクター協会

本部 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2−19−5

​支部 〒904−0314 沖縄県中頭郡読谷村古堅74

TEL:​098-988-5222

Mail:info@jsia.link

 

Copyright (C) 2018  日本姿勢インストラクター協会  All Rights Reserved.