• 日本姿勢インストラクター協会

スマホが危険との研究結果が


近年スマホやタブレットが普及し、とにかく便利ということで日常的に手放せない状況になってきましたが、このスマホやタブレットの使用頻度が上がれば上がるほど、猫背やストレートネックで悩む人が増えてきています。

では、これがどのように危険か?と言いますと

スマホやタブレットを眺めるために頭を下げて背中を丸めた姿勢でいることで、脊柱後弯症(猫背で背中に持続的な痛みが起こる症状)になりますが、この脊柱後弯症を患う高齢者はそうでない人と比べて死亡率が高く、体脂肪率30パーセント以上の人の死亡率が高くなるのと同じ割合なのだそうです。

理由は2つ

・心臓の筋肉の動きが限られ十分な呼吸ができない

・肋骨周辺も適切に動かせなくなるので肺と心臓が完全な状態で機能できなくなる

ということです

だからと言ってスマホを手放すわけにはいかない現状もありますよね・・・

なので日常的に姿勢維持筋を鍛えることがとても重要になってきます

参照元:Mail Online(英語) 執筆:Nekolas

#猫背 #研究結果 #姿勢が悪い #呼吸疾患

0回の閲覧

一般社団法人

日本姿勢インストラクター協会

本部 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2−19−5

​支部 〒904−0314 沖縄県中頭郡読谷村古堅74

TEL:​098-988-5222

Mail:info@jsia.link

 

Copyright (C) 2018  日本姿勢インストラクター協会  All Rights Reserved.